サイドメニュー


お役立ちリンク

ページイメージ

酵素ダイエットと運動

痩せようと思ったら真っ先に思い浮かぶのが運動ではないでしょうか。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動はやり方を間違えなければ効果的なダイエット方法です。
無理のない範囲で長時間これらの運動をすると体内の脂肪の燃焼効果があります。
この運動によるダイエットをするタイミングを選ぶことでダイエット効果が抜群に高まることがあります。
例えば食後よりもお腹が空いているときに有酸素運動をすると効果的だといわれます。
食後は食べ物の消化のために消化酵素が働いている時間ですので、代謝酵素の働きは弱まります。
そのため、いくら有酸素運動をしても脂肪を代謝するための酵素が足りないのです。
また激しい運動によっても消化酵素は消費されてしまうために、消化効率を下げるという悪影響も考えれらます。
これらの理由から空腹時の運動がよいと分かります。
空腹時は代謝酵素の働きが効率的で脂肪燃焼効果が高まります。
激しい運動は酵素の不足をもたらしますから、軽めの運動を長時間行うことでダイエット効果は格段に高まります。
最低でも30分~60分は有酸素運動をするようにしましょう。
ダイエットの面でいえば朝食前のウォーキングやジョギングが効果的です。
とくにお腹に何も入っていない状態ですから、脂肪は燃焼しやすくなっているのです。
ただし起床後の運動は、人によっては心臓に負担がかかって体調不良を起こすため、注意が必要です。
朝の適度な運動はダイエットだけでなく、頭や体がシャキッとして仕事の効率を上げたり、規則正しい生活リズムを作り出すことが出来ますから、可能な方はやってみてください。
ウォーキングやジョギングが難しいという方はストレッチやヨガをするのも時間も場所もとらないのでおすすめです。