サイドメニュー


お役立ちリンク

ページイメージ

酵素ダイエット中の食事

酵素ダイエットの成功率をより高めるために、食事の内容にも気を付けてみましょう。
私たちが普段食べている食事にも酵素を多く含んだ食材は数多くあります。

一般的に酵素は生肉や生魚、野菜や果物に多く含まれているのですから、食事で酵素を取り入れることは可能なのです。
朝食には発酵食品である納豆やお味噌も酵素ダイエットには非常に相性がよく、デザートにはケーキやお菓子を食べるよりも、ヨーグルトや果物を食べるようにするとよいでしょう。

また夕食前にはサラダを食べるようにすると、満腹中枢を刺激して自然と食事の量を減らしたり、消化を促進して代謝機能を高めます。
酵素にも種類があり、3大分解酵素と呼ばれるたんぱく質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素があります。

それぞれ含有されている食材が異なるので、バランスを考えて摂取するとよいでしょう。
また補酵素と呼ばれる酵素もあります。

その名の通り、酵素の働きを助ける役割を持っており、ビタミンやミネラルが補酵素に当たります。
このように酵素にもさまざまな種類がありますが、共通して熱に弱いという特徴を持っています。

そのため、火を通さずに生で食べるようにしましょう。
ミキサーを使って、果物や野菜をジュースにして飲むようにすると効率よく酵素を摂取することが出来ます。

こんな食事では慣れないうちはどうしてもお腹が空いてしまいますね。
対策としては夜更かしはせず、お腹が空く前に寝てしまうことです。

寝ることで空腹は紛れますし、睡眠によってダイエットの効率も上がります。
快眠の方法について学び、睡眠の質を高めることでダイエットもうまくいくかもしれません。