サイドメニュー


お役立ちリンク

ページイメージ

酵素は熱に弱いって本当?

私たちの身体の中になる酵素には限りがあります。
ですから潜在酵素を有効に使い、かつ食べ物から食物酵素を摂取しなければなりません。

食物酵素は新鮮な生野菜や果物に含まれると、酵素を豊富に含む食べ物で書きましたが、生で摂取しなければならないのは酵素が熱に弱いためです。
でも酵素は温度が低い環境の方が活性化されるかといえば、そうでもありません。

酵素が活性化する適温というものがあります。
そもそも私たちの体温は36℃前後ですから、酵素が活性化する適温は体温と同じかそれより少し高い温度といえそうです。

仮にこの温度で酵素が変性してしまうのであれば、体内に酵素を留めていくことが出来ません。
酵素にも色々な種類がありますから、適温はそれぞれ異なりますが、一般的に酵素は48℃を超えた頃から変性し始め、働きを失っていくとされています。

中にはもっと高い温度で活性化する酵素も存在します。
しかし酵素の大半は焼いたり、煮たりして、熱を加える調理法では効果が落ちます。

私たち人間も暑すぎる環境では身体の動きが鈍ったり、気力を奪われてしまいます。
一方で多少身体を温めた方が代謝も活性化し、免疫力も向上します。

一般的に体温が1℃上昇すると、免疫力が5倍も向上すると言われていますが、これも私たちの身体の中の潜在酵素が活発になるためだと考えられます。
お風呂に入ると代謝が上がるにも同じような理屈です。

ですから生野菜や果物で酵素を摂取するときも、体を冷やし過ぎないよう注意しなければなりません。
酵素が豊富だからと、冷たいサラダやフルーツばかり食べていては、あまり意味がないのです。

酵素の働きを高めるのであれば、温かい食事と一緒に食べると効果がアップします。
また身体を温めるショウガや唐辛子を調味料として加えるのも良いかもしれませんね。