サイドメニュー


お役立ちリンク

ページイメージ

酵素の働き

酵素は食べ物を消化したり、摂取した栄養をエネルギーに変えたり、不要な老廃物を排出する働きを持っています。
消化だけでなく代謝にも重要な働きをする酵素ですから、便秘を解消する効果も持っています。
つまり女性特有の便秘は酵素が不足しているのかもしれません。
便秘が続くと体にとってはよい影響を与えません。
腸内に排泄されずに残っている便は悪玉菌を繁殖させます。
毎日快便という人でも宿便が腸内に残っていると悪玉菌を増やす温床となり得ます。
この便を効率的に排出するには酵素の力が必要です。
腸内環境が正常であれば悪玉菌の増殖を抑えられ、善玉菌が増えるので消化吸収の効率がアップして、体の循環が効率的になるのです。
また悪玉菌が減ると有害なガスが発生しなくなるので口臭や体臭を防ぐ効果もあります。
酵素というのは酵素ドリンク以外にも通常の食事で摂取することが出来ます。
現代では考えられませんが、昔の日本人は発酵食品を積極的に摂取していたために酵素が不足するという事態は起こりませんでした。
現代においては食の欧米化に伴って、酵素食を摂ることは極端に減少しています。
ファーストフードやコンビニの食品添加物を含んだ食事では酵素を補うことは出来ません。
特に野菜が不足していませんか。
野菜は加熱調理したものは酵素が失われているため、生の状態で食べなければ意味がありません。
野菜でなくても肉や魚にも酵素はありますが、加熱してしまうと酵素は失われてしまいます。
食事から酵素を摂取することが難しいようであれば、酵素ドリンクで補うという方法しかありません。
また酵素には血流をよくして血液をさらさらにする効果があります。
高カロリー、高たんぱくな食事やタバコ、アルコールなど血液をドロドロにする食生活を送っている方は酵素を摂る生活に戻らなければ、体の不調をきたしたり、急な病気にかかってしまうこともあるかもしれません。
生活習慣病の多くの原因は血流が悪いことにも起因しています。
ドロドロの血液は内臓へも大きな負担をかけてしまいます。
ダイエットを意識していなくても健康を考えるのであれば、何らかの形で酵素を摂取するよう心がけてみるとよいかもしれません。